年末調整
このページからご希望の商品がダイレクトにご注文が可能です。(要会員登録)
 カード決済も利用頂けるようになりました。

説明1

タイトル帯1
  

  1. 「購入ページへ」ボタンを押すとショッピングページに移動します。すぐにご購入確定するわけではありません。
  2. この項目の表記価格は達人シリーズを除き税別となっております。ご購入時に別途消費税が加算されます。
   次頁のショッピングページは税込での表記となっております。
自己紹介

nttdata

Professional Edition    CD 47,000円 お申込みはコチラ
  DL 44,000円 お申込みはコチラ
Standard Edition CD 26,000円 お申込みはコチラ
  DL 23,000円 お申込みはコチラ
Light Edition CD 15,000円 お申込みはコチラ
    DL 12,000円 お申込みはコチラ

*達人シリーズは税込の年間使用料制です。期間内の保守メンテナンス付です。
 CD:CDにて提供 DL:ダウンロードにて提供、CD配布はありません。
 

自己紹介

源泉徴収簿・扶養控除等申告書・保険料控除申告書は帳票イメージで入力可能。
さらに、給与データの月別入力や報酬等データの伝票形式入力など実務に即した作業を実現します。扶養親族等デー タの入力方法は、基礎情報から自動計算を行う「標準モード」だけでなく、控除額などを直接入力する「簡易モード」 も選択できます。「給与所得の源泉徴収票」などは、カラープリンタでの印刷はもちろん、ドットプリンタにも対応しているので複写用紙への印刷も可能です。
連動給与ソフト(弥生給与、給料王、給与応援、、PCA給与、給与 大臣など)から社員データや給与・賞与データを取り込めるほか、CSV形式による各種データの取り込みも可能 です。
前年分と当年分の金額を対比して表示できるので、前年分との差異が一目でわかります。さらに「業務エラー チェック機能」を併用すると、繁忙期でもミスなく年末調整処理を行えます。「年調・法定調書の達人」の業務エラー チェック機能は、帳票作成漏れや整合性チェックなど、ソフトウェアで判別可能な項目を、幅広い観点で自動的に 一括チェックできます。
※「業務エラーチェック機能」はProfessional Edition限定の機能です。  
 

帯2

自己紹介nttdata

38,000円   お申込みはコチラ 次年度更新料12,000円
※この製品は毎年11月下旬に更新を行います。

入力画面を実際の帳票形式に沿って作成、手書き感覚で簡単入力。出力帳票は税務署様式に準拠しており、印刷後そのまま税務署に提出していただけます。また法定調書合計表と源泉徴収票などの5表がカラー印刷に対応。法定調書の印刷用には四つ切りミシン目用紙に対応。印字位置合わせの手間も要せず、簡単に印刷可能。

帯2

自己紹介nttdata

15,000円   お申込みはコチラ 次年度更新料5,000円

中小企業向けに低価格で、簡単な入力めざして作成した年末調整専用ソフト。手間のかかる年末調整を自動的に処理でき、各種帳票の作成(支払調書・法定調書)及び出力機能を備えます。 専用用紙は必要なく源泉徴収票・支払調書の作成(*白紙ミシン目入り用紙にて対応)、長3封筒に印刷も可能です。会社情報・従業員情報等のデータは、翌年処理の際に引き継ぐことができ、またCCS給与計算(別売)のデータに移行することも可能。従業員数は会社1社あたり100名まで登録でき、作成できるデータ数(会社数)は無制限です。
(支払調書「支払いを受ける者」の登録は1社あたり最大50件まで)


帯2

自己紹介nttdata

法定調書顧問R4 100,000円   お申込みはコチラ 保守料20,000円


法定調書顧問は給与応援スーパーの給与機能を除いた年末調整法定調書に限定したシステムです。 年末調整の各種控除を自動判定し、源泉徴収簿や総括表をスピーディーに作成。 報酬等の支払調書は、支払を受ける者を登録し、発生の都度、日付と金額を入力する だけで年間集計して、法定調書合計表まで自動作成。 外部データのテキストデータ取込みが可能。 「支払を受ける者」の宛名ラベルの出力が可能。「給与応援Super/Lite」とのデータ連携も可能。

帯2

自己紹介nttdata

  お申込みはコチラ 保守料(CD) 50,000円

法定調書作成ソフト「法定調書奉行i10 」は、各種控除申告書の作成から年末調整計算、各種支払調書や法定調書合計表の作成までスムーズに行うことができ、年末年始の忙しい時期の業務負担を軽減します。さらに、人事奉行i10、給与奉行i10 とのデータベース統合を実現したことで、社員情報や給与賞与データをそのまま活用でき、さらなる業務効率化を実現します。